トリマーの資格

トリマーになるには?

トリマーになるのに特に必要な免許や資格などはありません。しかし、専門学校などで技術や知識を習得している人の方が需要があります。
一般的には、トリマーになるためにはトリマーの養成施設・専門学校などで勉強し、そこからペットサロンや動物病院などに就職する人が多いです。少数派ではありますが、養成施設や専門学校で勉強せず、ペットサロンなどで見習いとしてトリマーになる人もいます。これはペットサロンなどにコネがある人、自身の知識や技術に自信があるという人は選択可能な道ですが、実際にはそのような人は少なく、養成学校や専門学校に進学する人がほとんどです。

トリマーの仕事内容

トリマーの基本的な仕事は犬の毛をカットしたり、洗ったりすることです。また、トリミング作業の中で、犬の肌の状態や毛並みなどから健康状態を感じ取ることも、トリマーの大きな仕事です。簡単に言えば、トリマーは犬のスタイリストで、人間のスタイリストと同じく美的なセンスが問われる職業です。主なお客さんは犬ですが、犬だけでなく、猫など犬以外の動物のケアを行う場合もあります。
トリミングは基本的には立ち作業であることや、最近では大型犬がペットとして飼われる事も多く、また犬の機嫌が悪いとかみつかれたり、暴れたりすることもあるため、肉体的・体力的な強さも求められる職業でもあります。
トリマー業界は、離職率の高い業界として知られており、給料が安く、辛いというのが一般的な認識です。

勤務時間

勤務時間は店舗によっても様々ですが、昼頃から8時間程度が一般的です。他のサービス業と同じく、週末にお客さんが増加する傾向があり、休暇は平日になることが多いようです。

トリマーの信頼度

世界各国ではトリミングの大会であるドッグショーが実施されており、ドッグショーでの受賞はトリマーとしての評価が高まり、お客さんからの信頼度も大きく高まります。
人間のスタイリスト同様に、ドッグショーで活躍を目指すなら、世界のトレンドに注目し流行のアンテナを常に張って、日々勉強し続ける必要があります。

今すぐ専門家を探す

トリミングに強い専門家をPICK UP!!

トリミングに強い専門家を「トリミング専門ポータル」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ