ブラッシング方法

ブラッシング

毛の状態は栄養状態、健康状態を反映します。そのため、ブラッシングやシャンプーなどのケアは、病気の予防につながります。

○皮膚病の予防

抜けた毛が残っていると皮膚が蒸れて、皮膚病の原因となってしまう場合があります。ブラッシングで抜けた毛をきれいに取り除くとともに、皮膚の状態をチェックすることで、皮膚病の早期発見にもなります。

○毛球症の予防

春と秋は毛が生え変わる時期で、ブラッシングをしないと抜けた毛をたくさん飲み込んでしまいます。お腹の中に毛が溜まってしまう毛球症は、嘔吐や胃腸障害を起こすこともあります。そのため、ブラッシングをこまめに行い、必要のない毛を取り除いてあげましょう。

○ノミ、ダニの確認

ブラッシングでノミやダニ等を発見できることがあります。なお、ノミやダニ予防、駆除には動物病院で処方している薬が効果的です。
その他に、ブラッシングには血行をよくする効果もあります。また、飼い主とのコミュニケーションとしてもブラッシングの時間を持つことは大切です。

○注意点として

ブラッシングを嫌がりすぎている場合は、トラウマになってしまうことがあるため、無理をしないようにしましょう。褒めてあげたり、声を掛けながらゆっくりとブラッシングを行うと、しだいに慣れて落ち着いてくるでしょう。

今すぐ専門家を探す

トリミングに強い専門家をPICK UP!!

トリミングに強い専門家を「トリミング専門ポータル」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ